ドローンLife

ドローンにあまり興味のないdknbFPVの嫁のブログです。

DCL(Drone Champions League)第4戦 ”DRONE PRIX BRUSSELS”@ベルギー・ブリュッセル

2018年9月21~22に、ベルギーのブリュッセルにある”Mont des Arts(芸術の丘)”で開催された”DCL RACE #4 DRONE PRIX BRUSSELS”

f:id:dekunobuu:20180921134302j:plain

18日(火)に成田空港を出発し、約20時間かけて翌19日(水)にブリュッセル空港到着。

DCL第1戦のドイツと第2戦のスペインは、到着日に空港から会場へ直接向かいその日に練習という、超スーパーハードスケジュールでしたが、

f:id:dekunobuu:20180923201155j:plain

今回は練習日である20日(木)の前日にベルギー入りすることができたため、

f:id:dekunobuu:20180923201159j:plain

空港からホテルへ行き荷物を置いた後、レース会場の下見し、ブリュッセル観光をすることができたようです。

f:id:dekunobuu:20180923201424j:plain

ベルギーの隣国フランスには4~5回行ったことがあるのですが、今までベルギーには全くと言って興味がなかった私。

f:id:dekunobuu:20180923201943j:plain

しかし、dknbFPVから送られてくるブリュッセルの美しすぎる写真に感動しまくりで、

f:id:dekunobuu:20180923202016j:plain

 次のヨーロッパ旅行は、絶対ベルギーにしようと心に決めました。

f:id:dekunobuu:20180923202037j:plain

ブリュッセルの街並み。

(パリも大好きなのですが、吸い殻やゴミがいたる所に落ちていて街中は結構汚いんですよね。)

f:id:dekunobuu:20180923202301j:plain

そして、観光だけでなくベルギーグルメも満喫。

f:id:dekunobuu:20180923202308j:plain

ベルギービールムール貝ブリュッセルワッフルと、今までの過酷な遠征初日とは雲泥の差のとても幸せな時間を過ごすことができたようです。

f:id:dekunobuu:20180923202837j:plain

大会1日目の予選タイム。

DMM RAIDEN RACINGは4位で通過。

f:id:dekunobuu:20180923203716j:plain

4人とも50秒を切る好タイムだったというのに4位。

Rotorama、NEXXBlades Racing、Quad Force Oneの上位3チームは、ますます速くなってきているような気がします。

f:id:dekunobuu:20180923204022j:plain

ちなみに、LIVE配信を見ていた素人の私でも、上位タイムの選手は下から上に抜けるスカイゲート後のポールを1周してからゲートをくぐるところが、圧倒的に上手かったと思いました。

ここを如何にコンパクトに攻められるかで、タイムがかなり変わってきていた気がします。

f:id:dekunobuu:20180923204438j:plain

準々決勝は、ドイツのAir Carvers Germanyと対戦。

f:id:dekunobuu:20180923204540j:plain

シングルヒート2vs2で挑んだビッグヒートで、DMM RAIDEN RacingのエースパイロットAxelくんが1位でゴールし、3vs2で準決勝進出!!

f:id:dekunobuu:20180923204548j:plain

ドイツ、スペイン、中国と、DCLの過去3戦のシングルヒートは1度も負けたことがなく全勝していたdknbFPVですが、クラッシュゲートに入るのを失敗し、今回初めてシングルヒートで負けました。

f:id:dekunobuu:20180923205443j:plain

準々決勝以降は、タイムではなくクラッシュゲートに先に入ったパイロットが勝者となります。

f:id:dekunobuu:20180923205605j:plain

このレッドブルのクラッシュゲート、カッコイイのですが入り口がだいぶ狭いため、スピードを殺さずINするのはかなり難しいと思うんです。

dknbFPVはこのクラッシュゲートがあまり得意ではないようなので、出来ることなら日本で練習させたいのですが、さすがに無理ですよね。

f:id:dekunobuu:20180923210306j:plain

準決勝は、昨年の年間チャンピオンNEXXBlades Racingと。

f:id:dekunobuu:20180923210414j:plain

シングルヒートで3vs0と差を付けられ、ビッグヒートで1位を取られ、4vs0で負けてしまいました。

昨年のMVP”Collis Brett”と対戦したdknbFPVのシングルヒートは、Collisが単独クラッシュしdknbFPVが勝ったはずなのですが、Collisの赤旗(抗議)が認められ無効レースになった模様。

私の気のせいかもしれませんが、NEXXBlades Racingの赤旗は大抵いつも認められるんですよね~。

NEXXBlades Racingのマネージャーが元DCLのスタッフだからですかね~(-。-) ボソッ

f:id:dekunobuu:20180923220920j:plain

話はちょっと逸れますが、今回は運営がケータリングを手配してくれたため(ケータリング費用は各パイロット負担)、いつもの”レトルト食品+白米orおにぎり”の遠征ご飯ではなく、バラエティに富んだ温かい食事を取ることができたようです^^

美味しい料理は元気を与えてくれますので、慣れない旅先でのご飯は特に大事ですよね。

f:id:dekunobuu:20180923211558j:plain

大会2日目の予選1-2。

f:id:dekunobuu:20180923211607j:plain

予選3-4。

f:id:dekunobuu:20180923212305j:plain
予選6位通過。

「なんだか皆んな昨日よりタイム遅くない?調子悪いのかな?」と思われた方もいるかもしれませんが、実は計画的にタイムを遅くしていたのです。(計画の詳細は極秘。)

f:id:dekunobuu:20180923213222j:plain

前日同様、ドイツのAir Carvers Germanyと戦った準々決勝では4vs1と快勝。

このレースのKAZUMAくんのシングルヒートは、見ていて痺れました!!

めちゃくちゃ速くてめちゃくちゃカッコよかったです!!

f:id:dekunobuu:20180923212920j:plain

dknbFPVのシングルヒートは、雨の影響かクロスファイアのトラブルで出走することができずDQS

そもそも機体がスタート台に乗っていませんでした(泣

f:id:dekunobuu:20180923212958j:plain

そりゃこんな顔になりますよね(泣

f:id:dekunobuu:20180923210346j:plain

でも、ビッグヒートで2位になり、シングルヒートの借りをしっかり返しました!!

f:id:dekunobuu:20180923214055j:plain

準決勝の相手は、アメリカのQuad Force One。

f:id:dekunobuu:20180923211341j:plainシングルヒートは同点の2vs2でビッグヒート勝負でしたが、8機が同時に飛行するビッグヒートゆえにクラッシュが重なり、惜しくも2vs3で負けてしまいました。

f:id:dekunobuu:20180923214443j:plain

dknbFPVが準々決勝に続きシングルヒートでDSQだったのは、雨のせいでバッテリーを指した瞬間モーターが燃えたから。

突然モーターから煙が出たので、スタッフたちは大騒ぎだったそうです。

f:id:dekunobuu:20180923214818j:plain雨が降っていなかったら、モーターが燃えなかったら、dknbFPVがFPを取得していてFPの合計が25ポイントとなり、24ポイントのRotoramaではなくDMM RAIDEN Racingが3位になれていたかもしれないのでスゴく悔しいです。

雨は大っ嫌いです!!!!!

(FPが同点の場合、予選タイムの早いチームが勝者となります。)

f:id:dekunobuu:20180923215247j:plain

2日間とも4位だったため、来月チューリッヒで開催される最終戦を待たずに、DMM RAIDEN Racingが年間チャンピオンになれる可能性はなくなってしまいました。

f:id:dekunobuu:20180923215503j:plain

練習する場所がない、海外から取り寄せなければならないため欲しいパーツがすぐ手に入らない、専属のメカニックがいないなど、恵まれた環境下にいる欧米チームのパイロットと比べると、DMM RAIDEN Racingはないない尽くし。

さらに、日本チームとしてDCLに初参戦ということで情報がなく、全てが手探り状態で始めたことを考えると、現在総合4位で既に大台の1000ポイントを獲得しているDMM RAIDEN Racingのパイロットの活躍は、賞賛に値すると思います。

f:id:dekunobuu:20180923222225j:plain

終戦チューリッヒまであと約2週間。

25日(火)に帰国し、暫くは仕事が立て込んでいて練習する時間が殆ど取れませんが、最後まで諦めずより多くのポイントを獲得しフィニッシュできるよう頑張って欲しいです。

 

www.dcl.aero

DCL(Drone Champions League)第4戦 ”DRONE PRIX BRUSSELS”@ベルギー・ブリュッセル

日本で知らない人はいない超有名企業”DMM.com”とオフィシャルスポンサー契約を締結し、9/18から”DMM RAIDEN RACING”として活動することになった、DRONE SPORTS株式会社の小寺氏がオーナーを務める日本初のプロフェッショナルドローンレーシングチームRAIDEN RACING。

HP:http://teamraiden.com/

FB:https://www.facebook.com/dmmraidenracing/?ref=br_tf

チームは、”DCL RACE #4 DRONE PRIX BRUSSELS”に参戦すべく今週の18日からブリュッセルへ遠征に行っていますが、今回は会話・メカニック・メンタル面のサポートをしてくれる頼もしいSaqooshaさんが都合により同行できないため、行く前からかなり不安だったのですが、その不安が練習日だった昨日、早速に的中(泣

f:id:dekunobuu:20180921145527j:plain
今回のレース会場”Mont des Arts(芸術の丘)”は、昨年のDCL2017でも利用されたこともあり、DCL2017に参戦していたチームには少なからずアドバンテージがありました。

そのため、今年から参戦したDMM RAIDEN RACINGのパイロットたちは、4Heatある練習フライトの中でより多く周回し、コースに慣れておく必要があります。

f:id:dekunobuu:20180921130733j:plain

にも拘らず、何を思ったかパイロット席にマネージャーとして上がっていたDMM RAIDEN RACINGのオーナーが、練習3のフライト中にdknbFPVに不必要な声掛けをしため、dknbFPVの集中が切れてしまい2周目でクラッシュ。

前半の練習1ー2は、コースに慣れるべくゆっくりではありましたがしっかり3周(練習1は4周!!)できていただけにショックでした。

続く練習4は機体トラブルでクラッシュとなったため、結局後半の練習3-4は殆ど飛ばすことができず。

f:id:dekunobuu:20180921130703j:plain

体は人一倍大きいdknbFPVですが、実はかなり繊細なところがあるので、練習3-4と連続でクラッシュした状況で初日を終えるのは嫌だな~と思っていたところ、通常は4Heatしかない練習フライトが何故か今回は5Heatあり、練習5はキッチリ3周し、いい感じでフィニッシュすることができたのでホッとしました。

ドローンレースは思っている以上に繊細なテクニック、メンタル面の強さが求められるモータースポーツですので、今回はオーナー兼マネージャーとして参加されているK氏にはその辺りの認識を再徹底していただき、パイロットの邪魔になるような言動、行動は控えていただきたいです。

f:id:dekunobuu:20180921134302j:plain

大会1日目の本日は、現地時間14:00(日本時間:21:00)から予選、19:00(日本時間:翌2:00)から準々決勝が行われます。

準々決勝からはDCLのFBでLIVE配信が予定されていますので、ドローンレースに興味のある方もない方も、世界最高峰のドローンレースDCL2018に参戦しているDMM RAIDEN RACINGのパイロットの勇姿を是非リアルタイムで見てほしいです^^

www.dcl.aero

 

 

【FPV動画】JDA/IDRA ワールドドローンレース2018 in 猪苗代湖

2018年9月1~2日に、リステル猪苗代で開催された”JDA/IDRA ワールドドローンレース2018 in 猪苗代湖”でのdknbFPVの予選2回めのFPV動画。

youtu.be

天候の影響で、予定されていた自由練習もベストラップ方式の予選1回目も中止となり、初日はこの1回しか飛ばせないという条件下で挑んだ予選2回目のdknbFPVのFPV動画。

飛び立って早々にブラックアウトし、モニター越しに見ていた私は「はい終わったーーーー。。。」と思ったのですが、ブラックアウトしてもクラッシュせずなんとか飛行を続けていたようで、結果的に誰よりも速いラップタイムを刻むことが出来き、予選は15.565秒/1周で1位通過となりました。

準決勝や決勝が今回のような2分間の周回レース方式の大会を今回初めて経験し、バッテリーを気にせず如何に速く3周できるかを競う最速レースと比べ、決められた時間内でどれだけ多く周回を重ねられるかを競う周回数レースは、車のラジコン界ではお決まりのルール、レース毎の飛行時間が長い=観客が見ていられるレース毎の時間が長い等、運営側にとってはいろいろと都合が良かったのかもしれませんが、実際に観客が湧いたのはハイスピードでバトルしていた時だと思います。

現在のバッテリーの性能を考えると、ドローンレースの準決勝と決勝をなぜ敢えて2分間の周回レース方式にする必要があったのか疑問です。

もう一つ言わせていただくと、コースを発表したと思ったらあくまでイメージ図だったり、前日にバッテリーの消耗を著しく左右するようなコース変更をしたりするのは、パイロット側からするとものすごく困ります。

 

 

 

JDA/IDRA ワールドドローンレース2018 in 猪苗代湖@リステル猪苗代

9月1~2日にリステル猪苗代で開催された”JDA/IDRA ワールドドローンレース2018 in 猪苗代湖”に参加してきました。

f:id:dekunobuu:20180903135118j:plain

週間天気予報では降水確率が土曜日90%、日曜日40%とかなり高かったのですが、前日の金曜日には土曜日の朝方には雨が上がる予報に変わったため、4時起きの5時出発で現地へ。

f:id:dekunobuu:20180903135902j:plain

8時半前に現地に着き、9時からホテルのロビーで車検。

f:id:dekunobuu:20180903140045j:plain

受付で免許状を提示したあと、周波数とアーミングのチェック。

f:id:dekunobuu:20180903135756j:plain

車検を無事済ませピットに戻ってくると、だんだん雲行きが怪しくなり曇りから大雨に。。。

結局午前中に予定されていた自由練習と予選1回めは中止となりました。

f:id:dekunobuu:20180903140939j:plain

テントのあるピットに居ても雨が強くて濡れてしまうため、ホテルに避難しゲーセンで時間つぶし。

10代と30代が仲良く楽しそうに遊んでいました♪

f:id:dekunobuu:20180903141327j:plain

13時からはホテルのロビーで開会式。

リステル猪苗代の支配人、JDAのキャプテンの挨拶、ルール説明、質疑応答など。

f:id:dekunobuu:20180903141524j:plain

今回のレースにはTVや雑誌等のメディアも多く来ていて、

f:id:dekunobuu:20180903141616j:plain

使ってもらえるかは分かりませんが、dknbFPVもTVの取材を受けていました。

f:id:dekunobuu:20180903143534j:plain
徐々に天気が回復してきて15時から予定されている予選2回めは出来そうだということで、とりあえずアセテートテープを機体に巻き巻きし雨対策。

f:id:dekunobuu:20180903154525j:plain

今回のレースは、1日めの予選はベストラップ方式に対し、2日めの決勝ラウンドからは2分間でいかに周回を重ねられるかを競う周回レース方式なため、予選のタイムは参考記録的な感じになってしまうのですが、とりあえずdknbFPVは予選タイム15.565で1位通過!!

dknbFPVは、スロットルを入れまくれる屋外のスピードコースが好きなので、決勝ラウンドがバッテリーを気にせず飛ばせる一般的な3周レースだったら良かったのにな~と思ってしまいました。

f:id:dekunobuu:20180903153733j:plain

宿泊したリステル猪苗代のお部屋。

設備は全体的に古かったですが、そこそこ広い角部屋で悪くはなかったです。

f:id:dekunobuu:20180903154113j:plain

窓から猪苗代湖も見えましたよ^^

f:id:dekunobuu:20180903154143j:plain

2日めは、朝8時ごろまでは大雨が降っていたものの、受付が始まる9時には雨が上がり予定通りスタート。

f:id:dekunobuu:20180903154443p:plain

コースのイメージ図。

f:id:dekunobuu:20180903154331j:plain

スキー場のゲレンデにコースを作っているため、平坦なコースではなく緩い傾斜のあるコースになっています。

f:id:dekunobuu:20180903154343j:plain

f:id:dekunobuu:20180903154503j:plain

選手ピットもコースのすぐ横なので当然傾斜があり、椅子を斜めにして座らないと椅子から転げ落ちそうになりましたw

f:id:dekunobuu:20180903154512j:plain

でも、テントもテーブルも運営側が用意して下さいましたし、ホテルがすぐ目の前なので食べ物や飲み物の調達に困ることもなく、駐車場からピットまでの距離も近くて楽ちんでした。

f:id:dekunobuu:20180903165404j:plain

ちなみに、食べ物や飲み物は出店で買うこともできました。

1日めのランチに牛串、焼そば、唐揚げを食べましたが、どれもできたて熱々で美味しかったです♪

f:id:dekunobuu:20180903165522j:plain

あとは、スポンサーブースもいくつか出ていて、

f:id:dekunobuu:20180903165532j:plain

オートバックスのブースではドローンフライト体験もやってました。

f:id:dekunobuu:20180903165716j:plain

2日めは、2分間でいかに多く周回できるかを競う周回レース方式なので、パイロットによってはバッテリーに優しい高燃費型のセッティングにしている方もいましたが、dknbFPVはラップタイム方式と全く同じイケイケの機体で出場。

f:id:dekunobuu:20180903170330j:plain

バッテリーは、去年の冬に購入して暫くどこぞかで眠っていた2300mAhを使用。

2300mAhでも決勝ラウンド後の残量は4%しかなかったというのに、パワーの出が弱いと言って準決勝は2000mAhのバッテリーを使用。

(決勝ラウンドは2位通過。)

2300mAhから2000mAhに下げたため、準決勝は決勝ラウンドよりゆっくり飛ばしていたはずなのに、7周目の5連スラロームの途中でバッテリー切れで墜落。

8周することができず、7周目のスタートゲート先の3連フラッグ手前でバッテリー切れ墜落した3位と0.7秒差で4位となり、準決勝敗退となりました(泣

f:id:dekunobuu:20180903183016j:plain

ちなみに、2分間でいかに多く周回できるかを競う周回レース方式なのに、クラッシュやバッテリー切れで墜落した場合は、最終的な飛行距離ではなく最後にスタートゲートをくぐった時のタイムで勝敗が決まるんですね!!

周回レースは4月のJDL@スプラッシュ以来2回めで、準決勝での周回レースは今回が初めてだったこともあり気が付かなかったのですが、飛行距離ではないなら最初から8周は狙わず1周目からそこそこ飛ばして7周目のスタートゲートをくぐった直後にバッテリー切れで墜落する作戦のほうが有利になりませんかね?

f:id:dekunobuu:20180903170137j:plain

結果は4位と残念でしたが、SNS上で交流はあるのにお会いしたことはなかった方とお話できたり、dknbFPVが所属しているチームのメンバーと一緒にお酒を飲んで語れたりと、ちょっとした小旅行気分を味わえて楽しかったです^^

最後に、準決勝や決勝が今回のような2分間の周回レース方式の大会には、もうdknbFPVは出場させないと思います。

(今回も申込む前にこういうルールでやると分かっていたら、申込みませんでした。)

VectorNo.1パイロットChangHyeonのように、如何に綺麗に速くドローンを飛ばせるかだけを考えているdknbFPVに、バッテリーに優しい高燃費フライトをしろと言っても無理ですw

 

www.alldrones.org

 

 

 

 

 

 

 

 

不正行為について

 

8/29に”ドローンレースで不正発覚!!”というブログ(1番下に掲載)をUpしましたが、それを読んだ知人から元Japradarパイロット(以下Tくん)がJDL@福島でバッテリーの電圧を規定より高めに充電して出場してしまった背景についていろいろ聞き、その話が本当ならこの記事は訂正しないといけないなと思ったため、一旦下書きに戻しました

しかしながら、先週末の”IDRA ワールドドローンレース2018”で、背景話に登場した人物やJDL@福島に参加していたパイロットたちから直接話を聞いてみると、知人から聞いたTくんの話はちょっと信憑性に欠けるかも?と思うところがいくつかあり、何が本当で誰が言っていることが真実なのか分からなくなりました(汗

最終的に、不正が行われた現場におらず既にdknbFPVがJapradarパイロットではない私には判断不可能という結論に至りましたが、ひとつ確かなのはTくんがバッテリーの電圧を規定より高めに充電してJDL@福島のレースに出場したこと。

これは完全なる不正行為なので、「今シーズンの年間チャンピオンには賞金100万円進呈予定のJDLのTくんに対する処分(予選1回めの結果のみ取消)はちょっと軽い?」と私は思ってしまいます。

いかなる理由や背景があったとしても、不正行為は絶対にダメです!!

規定を守ってドローンレースに参加しているパイロットに対して失礼極まりないですし、何よりスポーツマンシップに欠けます!!

一度こういう不正をしてしまうと、これから先のレースで良い結果を出したとしても「また不正をやってるかも?」と勘ぐられるかもしれませんよね?

国内でドローンレースを運営する団体には、ドローンレースで不正があった事実を把握し、今後はレース直前にバッテリーチェックを行う体制を考えていただけたら嬉しいです。

もう二度と不正をするパイロットが出ませんように~。

 

------------------------------------------------------切り取り----------------------------------------------------

8/29 ドローンレースで不正発覚!!

このブログを初めてからもう1年半が経ちますが、5インチのドローンを飛ばしたこともなければ(一応アマチュア無線4級は持っています!)ドローンに関して未だ無知な私なので、ドローンレースで不正ができることを今月初めて知りました。

f:id:dekunobuu:20180829121038j:image

元Japradarパイロット(←今回の不正発覚によりスポーサー契約を打ち切ったJapradarの判断は正しいと私は思います。)が、今月開催されたJDL@福島のレースでバッテリーの電圧を規定より高めに充電していたそうです!!

dknbFPV曰く、「電圧を高めに充電することでパワーが出るだけでなく飛行時間も長くなるため、速さだけでなく予選では周回数を競う今年のJDLレースではだいぶ有利になる」とのこと。

f:id:dekunobuu:20180829120816j:image

dknbFPVが今年参戦している世界最高峰のドローンレースDCLでは、レース直前に毎回機体の重さとバッテリーのチェックが行われますが、日本のレースで直前にバッテリーチェックをされた記憶はありません。

それをいいことに不正を行なうなんて。。。

しかも、不正がバレないようゴーグルの映像に電圧を表示していなかったとか?

ちなみに、ゴーグル映像の電圧表示をイジることも可能。

不正をしていただけでなく不正がバレないような対策もしていたとすれば、間違いなく確信犯ですよね。

オリンピック選手でもドーピングする人がいるように、世の中にはそういうことをする人もいるのは分かりますが、ドローン歴が長い有名人で私も話したことのある人がそんなことをしていたとはショックです。

f:id:dekunobuu:20180829120511j:image

今週末にリステル猪苗代で開催される”IDRA ワールドドローンレース2018”でも、恐らくバッテリーチェックはされないと思いますが、不正を行うような出場者がいないことを祈ります。

ドローンレースもれっきとしたモータースポーツですので、正々堂々戦って欲しいです!