ドローンLife

ドローンにあまり興味のない嫁のブログです。

パンクラスと共同開催マイクロドローンレースエキシビジョンマッチ@ageHa

 

昨日、新木場のSTUDIO COAST内にあるageHaで開催された”パンクラスと共同開催マイクロドローンレースエキシビジョンマッチ”に参加してきました。

f:id:dekunobuu:20180205202149j:plain

共同開催とは言えパンクラスとマイクロドローンレースの会場は建物自体が別で、マイクロドローンレースの会場は画像のようなテント倉庫。

しかし、暖房器具がしっかり用意されていたので、寒くはありませんでした。

f:id:dekunobuu:20180205202338j:plain

13時受付開始で練習3回×5組、予選3回×5組、準決勝3ヒート×3組、決勝3ヒートで、途中40分ほど休憩を挟んだものの、18時半前には解散となりました。

f:id:dekunobuu:20180205202942j:plain

コースは、前回参加した”JDRA TINY WHOOP Japan Cup No.7 in 渋谷”よりも狭く、最速ラップは10秒前後だったと思います。

f:id:dekunobuu:20180205203619j:plain

また、丸型のゲートとは違い、この長方形のLEDのゲートは小さいだけでなく主人の搭載しているカメラだと非常に見えずらかったらしく、

f:id:dekunobuu:20180205203952j:plain

練習では何度となくLEDゲートにぶつかり、なかなかスムーズに周回数を重ねられていませんでした。

f:id:dekunobuu:20180205203233j:plain

さらに、演出のためか会場内の照明は最初からかなり落とし気味でしたが、夕方になり太陽の光が入ってこなくなるとより一層LEDゲートが見えにくくなり、準決勝以降は「殆ど感で飛ばしている」と言っていました。

f:id:dekunobuu:20180205204147j:plain

知識不足&経験不足からカメラの選択をミスり惨敗した、去年の3月に長崎のハウステンボスで開催された”ジャパンドローンチャンピオンシップinハウステンボス”での嫌な思い出が蘇ります。。。

f:id:dekunobuu:20180205204453j:plain

練習は、昨年の9月に佐野のラーメン店”佐野青竹手打ちラーメン大和”で偶然一緒になった上岡さんとチャンピオンの増田さんと。

前回もそうでしたが、タイニーレースの参加者は本当に知らない人ばかりです。

f:id:dekunobuu:20180205204954j:plain

予選は、練習の周回数を考慮して組み合わせが少し変更になり、5インチのレースで何度もお会いしている小山さんと増田さんと。

3ヒートで計25.5周(6.5、9、10)出来たようで、予選は1位通過。

f:id:dekunobuu:20180205205006j:plain

準決勝は、松澤さんとしろまいさんと。

今回は準決勝も決勝と同様に3ヒート行われ、各ヒートごとに3周できた順にポイント(5、3、1)が与えられ、ポイントの合計数が1番多い人が決勝進出となります。

1ヒート:1位後藤選手(5)、2位しろまい選手(3)、3位松澤選手(1)

2ヒート:1位後藤選手(5)、2位しろまい選手(3)、3位松澤選手(1)

3ヒート:1位後藤選手(5)、2位松澤選手(3)、3位しろまい選手(1)

f:id:dekunobuu:20180205205024j:plain

決勝は、増田さんとJDLのレースで何度となくお会いしている前川さんと。

f:id:dekunobuu:20180205211234j:plain

優勝 後藤選手、2位 増田選手、3位 前川選手。

1ヒート:1位後藤選手(5)、2位増田選手(3)、3位前川選手(1)

2ヒート:1位後藤選手(5)、2位増田選手(3)、3位前川選手(1)

3ヒート:1位後藤選手(5)、2位増田選手(3)、3位前川選手(1)

f:id:dekunobuu:20180205211329j:plain

優勝賞品はSPARK(スパーク)。

参加費無料のレースだというのに、こんな豪華な賞品をいただいてしまい恐縮です(汗

これで私もついにドローンデビュー笑?

f:id:dekunobuu:20180205210845j:plain

5インチとマイクロドローンとでは、速さ以外にも様々な違いがあると思いますが、レース経験の乏しい主人にとっては、ドローンレースに参加すること自体が良い経験になっているような気がします。

技術だけでなくメンタルも鍛えていかないと、レースでは勝てませんからね!!

f:id:dekunobuu:20180205211938j:plain

次回の参加予定レースは、来月10日に相模湖プレジャーフォレストで開催される”Forest Drone Racing(林間ドローンレース)”。

5インチのレースは去年の11月ぶりですし、最近5インチはロクに飛ばしていないような状況なので大丈夫かな~?

f:id:dekunobuu:20180205210925j:plain

ちなみに、ランチはSTUDIO COAST内にフードトラックが4~5台来ていたので、

f:id:dekunobuu:20180205210939j:plain

フジヤマドラゴンカレーさんのドラゴンカレー(¥700)を食べました。

 

 

 

 

JDRA TINY WHOOP Japan Cup No.7 in 渋谷

 

昨日、渋谷ヒカリエで開催された”JDRA TINY WHOOP Japan Cup No.7 in 渋谷”に参加してきました。

Tiny Whoopレースに出場するのは、今月上旬に千葉県八千代市にある「DRONE ★ VILLAGE」で開催された”JDRA TINY WHOOP Japan Cup 2017 No.4 in 千葉”に続き2回目。

(”JDRA TINY WHOOP Japan Cup 2017 No.4 in 千葉”は、準決勝敗退。)

f:id:dekunobuu:20171228120857j:plain

今回は場所が渋谷だったので私も観戦に行ったのですが、5インチFPVレースとは違うことばかりでビックリ!!

(出場者も殆ど知らない方ばかりでした!!)

f:id:dekunobuu:20171228121426j:plain

まず、コースがとってもコンパクト!!

こういうイベントスペースではなく、自宅にも作れそうなぐらいの規模です。

f:id:dekunobuu:20171228121729j:plain

そして、スピード感が違いすぎます。

5インチは、騒音レベルの音と共に150kmぐらいで飛ぶので、目視で見ていてもかなり迫力がありますが、Tiny Whoopはふわふわととっても可愛いんです。

ただ、モニターで見ると結構スピード感があります。

f:id:dekunobuu:20171228121923j:plain

人にぶつかったとしても痛くありませんし怪我することもないため、安心安全。

今回は小学生の女の子も参加していました。

f:id:dekunobuu:20171228122141j:plain

 安全が確保されているため、レース中にクラッシュした機体を出場者や関係者ではなく、一般の観客の方が戻してもいいことになっています。

5インチのレースでは考えられません!!

f:id:dekunobuu:20171228144641j:plain

練習フライトと予選は、2分間が2回ずつ。

1周のタイムが如何に早いかではなく、時間内に何周できたかを競います。

f:id:dekunobuu:20171228145209j:plain

主人は、予選1回目に8周、2回目に6.5周。

2回目の周回数が少ないのは、1回目のフライト後半にバッテリーがなくなってしまい、時間いっぱい飛ばすことができなかったため、2回目は途中でバッテリー交換をしようとして、運営から「今回はバッテリー交換なしです!」と言われてしまったから。。。

事前にバッテリー交換の有無を聞いていれば、もう少し周回数を稼ぐことができ、予選を1位通過できたかもしれないというのに、ほんとバカですよね。

f:id:dekunobuu:20171228145642j:plain

ちなみに、当初の予定ですと予選は3回あったのですが、3回目の予選はタイムアタックに変更になりました。

1人ずつ飛ばすタイムアタックは、コースを間違えるはミスを連発するはで散々な結果で終了。

f:id:dekunobuu:20171228145904j:plain

徳島県からいらした渡邉さんと女性No.1FPVレーサーと言われている”しろまい”さんとの準決勝。

(予選は2位通過)

準決勝は、1番早く3周できた人が決勝進出でした。

f:id:dekunobuu:20171228150155j:plain

決勝は、チャンピオンの増田さんと中学一年生の小澤くんと。

決勝は3周を3回。

1位に5ポイント、2位に3ポイント、3位に1ポイントが与えられ、ポイントの合計で順位が決定します。

f:id:dekunobuu:20171228151215j:plain

優勝 後藤選手、2位 小澤選手、3位 増田選手。

1ヒート:1位後藤選手(5)、2位小澤選手(3)、3位増田選手(1)

2ヒート:1位後藤選手(5)、2位小澤選手(3)、3位増田選手(1)

3ヒート:1位後藤選手(5)、2位小澤選手(3)、3位増田選手(1)

f:id:dekunobuu:20171228151243j:plain

5インチは、始めてから1年ちょっと経ちますが、Tiny Whoopを本格的にやりだしたのは先月末ぐらい。

本格的にやりだしたと言っても自宅でちょこちょこ飛ばしていたぐらいなのですが、今回は機体をしっかり作ってきただけでなく、かなりリラックスしてレースに望めたこともあり、破壊魔の主人にしては珍しくクラッシュすることもミスをすることも殆どなく、非常に安定したフライトで優勝することができました。

f:id:dekunobuu:20171228152346j:plain

会場が自宅から30分ぐらいだったこと、拘束時間が16:30~21:00頃までと短かったことも、飽きっぽくて集中力のない主人的には良かったのかもしれません。

もしかして、5インチよりもTiny Whoopのほうが合ってる?

f:id:dekunobuu:20171228151256j:plain

豪華な賞品もたくさんいただくことができ、これで気持ちよく年越しすることができそうです。

JDLの最終戦は、本当にヒドかったので。。。

f:id:dekunobuu:20171228152556j:plain

JDRAの次回のレースは、来年3月10日(土)に相模湖プレジャーフォレストで開催されるようです。

こちらは、5インチのFPVレースになります。

 

 

Japan Drone League 2017

 

昨日、JDL主催の忘年会に出席した主人が、トロフィーと賞状をいただいて帰ってきました。

今年、主人が”JAPAN DRONE LEAGUE 2017”の年間チャンピオンになれたのは、「実力以上に運が味方したのでは?」と、私達や参加者だけでなく運営側も思っていたハズなので、まさかこんな素敵なトロフィーと賞状をいただけるとは思っていませんでした。

f:id:dekunobuu:20171202162841j:plain

サバゲーにサーフィン、スノボなど、ここ数年その時に興味を持ったものにお金と時間を惜しげもなく使い、どれもこれも1~2年で飽きてやめてしまった主人が、初めて結果を残せたドローン。

巷では、”夫の趣味(ドローン)に理解を示さないヒドい恐妻”と言われている私ですが、一応私なりにサポートしているつもりなんですけどね(汗

ちなみに、 明日は千葉県八千代市にある「DRONE ★ VILLAGE」にて開催される、Tiny Whoopレース(JDRA TINY WHOOP Japan Cup 2017 No.4 in 千葉) とFPVドローンフリースタイル選手権に参加するようです。

 

広告を非表示にする

JAPAN DRONE LEAGUE Round7 in リソル生命の森

 

2017年11月4~5日に、千葉県長生郡長柄町上野にある”リソル生命の森”で開催された”JDL Race Round7”に参加してきました。

f:id:dekunobuu:20171106183105j:plain

何人か欠席者が出たようで、今回の参加者はオープンクラス33名、エキスパートクラス17名、プロクラス8名の計58名。

こう見ると年齢層かなり高めですね(笑

f:id:dekunobuu:20171106200058j:plain

土曜日の午前中は曇りがちで少し肌寒かったものの、お昼前には青空が広がりポカポカ陽気を通り越し暑いぐらいでした。

f:id:dekunobuu:20171106220302j:plain

ただ、土曜日は風が強かったり巨大ゲートに機体がぶつかって穴が空き空気が漏れたりなどのアクシデントが何度も発生したため、時間が結構押してしまった関係で雨が振ってきてしまうということになり、

f:id:dekunobuu:20171106220225j:plainエキスパートクラスから練習③は5分間ではなくバッテリー1本分に変更。

(今回のコースだと、通常5分間でバッテリー2本分飛ばせます。)

帰宅途中の高速に乗る前には雨が振ってきたので、素晴らしい判断だったと思います。

f:id:dekunobuu:20171106200151j:plain

ちなみに、去年と一昨年もこちらのリソル生命の森でJDLのレースが開催されたようですが、私達は今回が初リソル。

f:id:dekunobuu:20171106220116j:plain

通常の交通量だと片道1時間10分ぐらいで行けるところが、三連休ということで渋滞に巻き込まれ、土曜日の朝は1時間半、夜は2時間半。

日曜日の朝は1時間ちょっと、夜は3時間以上かかりましたので、部屋が空いていれば宿泊したほうが良さそうです。

f:id:dekunobuu:20171106225919j:plain

いつもレースの時のお昼ごはんは、コンビニのお握りやサンドイッチなのですが、今回はケータリングを発注して下さっていたので、温かくて美味しいご飯を食べることができました。

f:id:dekunobuu:20171106230016j:plain

ただ、ケータリングが来ることを知らず、初日はコンビニで買ってきてしまったので、二日目しか食べれなかったのが残念(泣

超大盛のカレーライスはこれで¥500と、とってもお得で美味しかったです^^

f:id:dekunobuu:20171106230532j:plain

今回のJDL終戦の予選に参加さえすれば、ほぼ間違いなく主人がJDL年間チャンピオンになれるという事を事前に何人かの方に聞いていたため、

f:id:dekunobuu:20171106230925j:plain
今回のレースは優勝よりも岡さんに一度も勝てていないタイムアタックでなんとか1位を取りたいと考えていて、タイムアタック用の機体を1機用意してきたのですが、予選の1回目の2周目でクラッシュして再起不能にさせてしまうという。。。

f:id:dekunobuu:20171106230754j:plain
なんとか2回目の予選までに直すことはできたのですが、かなり損傷が大きかったこともあり結局怖くて使うことができず、予選2は仕様の異なる機体でチャレンジしたのですが、己の技術ではなく機体のポテンシャルに頼っているところが大きい主人は、機体の急な仕様変更に対応することができず、その後もクラッシュの連続で持参した5機の内4機を壊すという。

f:id:dekunobuu:20171107000624j:plain

スタート直後のこのトンネルでばかりクラッシュしていました。

f:id:dekunobuu:20171106231128j:plain

日曜日は一度も3周することができず、空き時間は機体の修理に追われるという、久しぶりに破壊魔の本領を発揮した主人。

7月の仙台で行われた”JAPAN DRONE NATIONALS 2017 IN SENDAI”以来の全く余裕のないメンタル最低最悪の状態でした。

f:id:dekunobuu:20171106232016j:plain

プロクラスのタイムアタックの結果。

f:id:dekunobuu:20171106232147j:plain

エキスパートクラスのタイムアタック結果。

f:id:dekunobuu:20171106232225j:plain

オープンクラスタイムアタック結果。

f:id:dekunobuu:20171106232330j:plain

プロクラスの準決勝。

f:id:dekunobuu:20171106232319j:plain

エキスパートクラスの準決勝。

f:id:dekunobuu:20171106232300j:plain

オープンクラスの準決勝。

f:id:dekunobuu:20171106232442j:plain

タイムアタックで1位を取るどころか3位内にも入ることができず、4位で臨んだ準決勝でまたしてもクラッシュし、決勝にすら行けないという不甲斐ない結果となりました。

f:id:dekunobuu:20171106232608j:plain

同じベクターパイロットのYOKOTAさんは、JDL#6に引き続き今回もエキスパートクラスで優勝!!

f:id:dekunobuu:20171106232659j:plain

9月にベクターパイロットになった匠くんも、プロクラスで2位という結果を残したというのに、1番年長の主人は準決勝敗退。

f:id:dekunobuu:20171106232732j:plain

10代、20代の選手の成長スピードの早さを目の当たりにし愕然とする、もうすぐ37歳になるおっさんdknbFPV。

アラフォーdknbFPVは、あと何年頑張れるのでしょうか?

今回のような完全自己責任の酷すぎる結果しか出せないようであれば、ドローンをスッパリ辞めて仕事に専念して欲しいものです。

f:id:dekunobuu:20171106234240j:plain

プロクラス1位岡選手(5、5、5)、2位鈴木選手(3、3、0)、3位阿左美選手(0、0、3)。

f:id:dekunobuu:20171106234528j:plain

エキスパートクラス1位YOKOTA選手、2位板橋選手、3位吉田選手。

f:id:dekunobuu:20171106234635j:plain

オープンクラス1位Ken Osada選手、2位高坂選手、3位八城選手。

皆さん、おめでとうございます。

f:id:dekunobuu:20171106235202j:plain

 ドローンを始めて1年ちょっとでJDLの年間チャンピオンになれたことは良く頑張ったと思いますが(公式発表はまだですが、閉会式で亨さんが仰っていました。)、最終戦の結果があまりにも悲惨すぎたので正直全く喜べていません。

もっとたくさん練習すれば上手くなるのかすら疑問に思ってしまっているような今の状況から脱出し、技術だけでなくメンタル的にも成長することができるのでしょうか?

主人があと10歳若かったら全力で応援するのですが、36歳という年齢を考えるとちょっと難しいです。

f:id:dekunobuu:20171106235036j:plain

来年はどうなるか分かりませんが、JDLの運営の方々、今年1年間大変お世話になりました。

 

JAPAN DRONE LEAGUE Round7 組み合わせ&コース

 

11月4~5日に、千葉県長生郡長柄町上野にある”リソル生命の森”で開催されるJDL#7の組み合わせとコースが発表になりました。

ラウンド6に続きラウンド7も参加者60名と、かなり大規模なレースになりそうです。

f:id:dekunobuu:20171024184558j:plain

 

f:id:dekunobuu:20171024184628j:plain

今回のラウンド7から申込時に周波数の希望を出せなくなってしまったため、初めて5800での出場となります。

周波数がいつもの5705でないからと言って、レースに支障が出る訳では全くもってありませんが、今回はその他に非常に大きな問題が発生しています。

実は、先週末に車をガッツリぶつけてしまい(主人が)、今日から来週の3日まで修理に出すことになったのです。

 

f:id:dekunobuu:20171024184846j:plain

 

つまり、せっかく今日コースが発表になったというのに、練習が全くできないということ!!

年間チャンピオンがかかった重要な最終戦だというのに本当に最悪です。

一応、担当さんに代車を用意できるか聞いていますが、うちのところのヤナセは基本代車というのがなく、空いている試乗車を借りるという感じなため、2~3日借りられればいいほうかと。。。

追記:11/1~2日まで同じEクラスのセダンを借りられることになりました。

 

f:id:dekunobuu:20171024185506j:plain

それでなくとも最近自分の思ったように飛ばすことができずスランプ気味だというのに、全く練習できずにレースに参加することになるとは。。。

絶望的すぎます。