ドローンLife

ドローンにあまり興味のないdknbFPVの嫁のブログです。

DCL(Drone Champions League)第3戦 ”DRONE PRIX BEIJIN”@北京・中国

8月10~11日に中国の”BEIJING W-TOWN (SIMATAI GREAT WALL)古北水鎮”という観光地で開催された、DCL(Drone Champions League)第3戦 ”DRONE PRIX BEIJIN”。

f:id:dekunobuu:20180812092230j:plain

先月のX-FLYのように世界遺産万里の長城でやるものだと思っていたので、

f:id:dekunobuu:20180812092654j:plain

dknbFPVから送られてきたしっかり整備された街並みにビックリ!!

f:id:dekunobuu:20180812092646j:plain

”BEIJING W-TOWN (SIMATAI GREAT WALL)古北水鎮”は、The観光地という感じでとても綺麗だったそうです。

f:id:dekunobuu:20180812093632j:plain

f:id:dekunobuu:20180812093529j:plain

夜は幻想的~。

f:id:dekunobuu:20180812093622j:plain

f:id:dekunobuu:20180812093519j:plain

平昌オリンピックで話題になったドローンによる光のショーも!!

f:id:dekunobuu:20180812093557j:plain

ランタンをつけたドローンがゆっくり空に舞い、群体飛行で様々な絵を夜空に描いていました。

f:id:dekunobuu:20180812092823j:plain

ちなみに、かなり遠目にはなりますが、ここから万里の長城を見ることもできます。

パイロット席の後ろにうっすら見えているのが万里の長城

f:id:dekunobuu:20180812092905j:plain

今回のコースを見たとき、左奥のゲートが設置されている場所が万里の長城だと思ったんですが、全く違ったようです(汗

f:id:dekunobuu:20180812093231j:plain

ただ、DCLのPV撮影のため、観光用に整備や修繕されておらず普段は入ることができないオリジナルの万里の長城に行くことができたそうです。

f:id:dekunobuu:20180812093437j:plain

これはかなり羨ましい!!

f:id:dekunobuu:20180812094729j:plain

今大会は、開催国の中国からwild cardとして2チーム(Hellhound、Sonic Boom)が出場し、全9チームでの争いとなり、スペイン戦と同様に予選敗退するチームが1チームでるため、

f:id:dekunobuu:20180812094616j:plain

ドキドキしながら予選を見ていましたが、なんとなんと大会1日目は2位で予選突破!!

f:id:dekunobuu:20180812094656j:plain

しかも、出国の前日に変更した機体のセッティングがハマったのか、dknbFPVはパイロットリザルトでも2位という快挙!!!

f:id:dekunobuu:20180812095725j:plain

「これはイケるかも!?」と思ったのですが、準々決勝でwild cardのHellhound(中国)に3vs2で破れてしまいました。

f:id:dekunobuu:20180812095151j:plain

大会1日目は6位でポイントなし。

f:id:dekunobuu:20180812100000j:plain

1日目が終わった段階で、トップとのポイント差が380P(泣

f:id:dekunobuu:20180812095825j:plain

大会2日目は、4位で予選通過。

 f:id:dekunobuu:20180812100043j:plain

 2日目ということで、トップパイロットたちはかなりタイムを縮めてきたな~と思っていたのですが、どうやら上位のパイロットたちは6インチのペラを使用していたようです。

直線の多い今回のようなコースでは、5インチより6インチのペラのほうが圧倒的に有利。

ただ、Raiden Racingはそのことに気が付かず(そもそも6インチを使う発想自体がなかったかと)6インチのペラを準備していなかったため、全員5インチでした。

それでもAxelくん9位、dknbFPV10位、和馬くん18位でしたので、大健闘だったと思います。

f:id:dekunobuu:20180812101234j:plain

SWISS BLACK KITES(スイス)との準々決勝は、3vs2で勝利し準決勝進出!!

f:id:dekunobuu:20180812101436j:plain

しかし、QUAD FORCE ONE(アメリカ)との準決勝では、

f:id:dekunobuu:20180812101443j:plain

Big Heatで上位を独占され、6vs1と完敗してしまいました。

f:id:dekunobuu:20180812094556j:plain

4位620ポイントで望んだ今回の”DRONE PRIX BEIJIN”。

f:id:dekunobuu:20180812102120j:plain

1日目6位で0ポイント、2日目4位で150ポイントと、最終的な順位は4位と変わらずですが、トップ3とのポイント差がかなり開いてしまいました。

ドイツ、スペイン、中国と前半の3戦が終わり、残り3戦(ベルギー、スイス、他1国)でどれだけ差を縮められるか期待しています。

f:id:dekunobuu:20180812102816j:plain

先月参加した”JAPAN DRONE RACING GT チュプチニカ杯 in 北海道”でもそうでしたが、dknbFPVは夜のレースがだいぶ苦手なようです。

もともと夜レースの経験が殆どないことに加え、知識不足から今回も良かれと思って替えた設定が裏目に出て映像がさらに見にくくなり、準々決勝以降は自分のフライトができなかったそう。

f:id:dekunobuu:20180812102739j:plain

使用しているカメラが夜のフライトには適していないのかもしれませんし、加齢による視界の衰えが原因のひとつかもしれませんが、DCLだけでなく今後は国内のレースもLED装着の夜レースが多くなってくると思いますので、早急な対策が必要な気がします。

f:id:dekunobuu:20180812105735j:plain

最後に、素朴な疑問なのですが、Raiden Racingはチームロゴ入りの専用タープを作らないんですかね?

初戦のドイツは「まだ完成してないのかな?」と思っていたのですが、ドイツ以降も運営が用意してくれる無地のタープを使用しているようなので何故かな~と。

DCL2018の全レースに出場するレギュラーチーム7チーム中、専用タープを持っていないのはRaiden Racingだけなので、「格好がつかなくない?」と私は思っているのですが。。。

こんなことを書くと、Raiden RacingのオーナーK氏から「あなたの考えはズレている」と、この前みたいにまた嫌味を言われそうですね(苦笑

 

www.dcl.aero

 

 

 

 

【FPV動画】JAPAN DRONE RACING GT チュプチニカ杯 in 北海道

2018年7月28日に、新千歳空港から車で30分の場所にある株式会社チュプチニカ ドローンフィールドで開催されたドローンレース、”JAPAN DRONE RACING GT チュプチニカ杯 in 北海道”でのdknbFPVの動画。

youtu.be

予選2回目。

以前までは得意だったハズのスラロームが、かなり下手っぴになっていてビックリ!!

youtu.be

予選3回目。
音田さんと接触しクラッシュした後、機体をチェンジし残り時間で1周半した動画。
キレキレの櫓の入り方に注目!!

youtu.be

決勝 Heat2

カメラのレンズに雨粒が付着しゲートやフラグがここまで見えない状況で、「よく完走できたな~。」と感心してしまいます。

 


DCL(ドローンチャンピオンリーグ)2018 第3戦&第4戦@闘牛場(スペイン・マドリッド)

 

本日8月5日23:00~24:00と8月6日3:00~4:00の放送は”無料”と書かれているので、もしかするとJ SPORTSを契約していない人でも放送を観ることができるかも?

f:id:dekunobuu:20180805101928j:image

前回放送の”DCL(ドローンチャンピオンリーグ)2018 第1戦&第2戦@オリンピアパーク(ドイツ・ミュンヘン)”は、Raiden Racingが驚くほどたくさん映っていましたが、残念ながらスペイン戦は1日目予選敗退してしまったこともあり、”DCL(ドローンチャンピオンリーグ)2018 第3戦&第4戦@闘牛場(スペイン・マドリッド)”にRaiden Racingはそれほど取り上げられてはいません(泣

しかし、無料で観れるチャンスはなかなかないと思いますので要チェックです^^

JAPAN DRONE RACING GT チュプチニカ杯 in 北海道

2018年7月28日に、新千歳空港から車で30分の場所にある株式会社チュプチニカ ドローンフィールドで開催された”JAPAN DRONE RACING GT チュプチニカ杯 in 北海道”に参加してきました。

f:id:dekunobuu:20180801104211j:plain

開催地住所:北海道夕張郡由仁町本三川484-1

f:id:dekunobuu:20180801104243j:plain

昨春に閉校になった三川小学校のグラウンドがレース会場。

f:id:dekunobuu:20180801104345j:plain

今回のレースは事前にコースの案内がなく、レース当日のブリーフィング時にコースが発表されました。

f:id:dekunobuu:20180801104410j:plain

そのため、いつもSaqooshaさんがご厚意で作って下さるシミュレーターで事前に練習することができず。

f:id:dekunobuu:20180801104805j:plain

グラウンドのほぼ全面を使った長いコースだったため、恐ろしいほど記憶力のないdknbFPVは、まずコースを覚えるのに苦戦。

f:id:dekunobuu:20180801105556j:plain

個人的に「1番の難所かな?」と思っていた中央の櫓はそこまで苦手意識がなかったようなのですが、5連スラロームの後の二つ目のゲートへの侵入が、何気に1番難しいと言っていました。

f:id:dekunobuu:20180801105422j:plain

今回はVX-05 Xを4機持参。

配置は自由でしたが、16玉以上の可変型RGBLEDの装着が義務付けられました。

また、準決勝以降はGoProの搭載が必須でした。

f:id:dekunobuu:20180801105745j:plain

事前にコースの発表を行わず、出場者も計15名(五十嵐さんは棄権されたので実質14名)と少なかったこともあり、今回のレースは練習2回、予選3回と多めの設定。

f:id:dekunobuu:20180801110010j:plain

ただ、コースの下が芝生ではなく砂鉄入の砂だったため、クラッシュして墜落したりバッテリー切れでブルーシートが引かれた着地地点に戻れなかったりした場合は、モーターに砂がガッツリ入りモーターが確実に回らなくなります。

砂取り用にコンプレッサーが用意してあったのですが、それだけでは完全に砂を取り除くことは不可能で、モーターのベルを外し歯ブラシや楊枝を使い砂を除去することに。。。

T-motorは、モーターとベルがネジで止める仕様なため、ベルを外すことは容易だったものの、それでも砂鉄入の砂の除去はかなり大変だったと思います。

f:id:dekunobuu:20180801110440j:plain

練習2回と予選3回は、岡さんと音田さんと。

練習1回目は、映像トラブルで離陸直後にクラッシュし1周もすることが出来ず。

これで他のパイロットにかなり遅れをとってしまっただけでなく(初めてのコースではより多く周回数を重ね、如何に早くコースを覚えられるかがポイント!!)、予選3回目に音田さんの機体と接触し、この日のために全てNewパーツで組んでいた機体も失うという(泣

DCL@マドリードでも早々に機体をネットに引っ掛け、飛ばせる機体が5機→2機になってしまったように、最近のdknbFPVちょっとツイていないような気がします。

f:id:dekunobuu:20180801111922j:plain

ランチは、地元の方が屋台を出してくださったので、

f:id:dekunobuu:20180801111947j:plain

いつものコンビニご飯ではなく焼き立ての焼き鳥や、

f:id:dekunobuu:20180801112009j:plain

茹でたての冷たいぶっかけそばなどを食べました。

f:id:dekunobuu:20180801112018j:plain

このお蕎麦、見た目は地味ですが、コシがあり喉越しも良くとっても美味しかったです。

f:id:dekunobuu:20180801112216j:plain

あとは、いろいろな方から差し入れもいただきました。

f:id:dekunobuu:20180801112240j:plain

パイロットではない私にまでお気遣いをいただき、

f:id:dekunobuu:20180801112252j:plain

皆さんどうも有難うございました^^

youtu.be

予選結果。

1位 岡さん

2位 音田さん

3位 後藤(dknbFPV)

4位 匠くん

5位 和馬くん

6位 山田くん

7位 高梨くん

8位 須藤さん

9位 湯村さん

10位 加藤さん

11位 黒田さん

12位 小澤くん

13位 北田さん

14位 門前くん

15位 五十嵐さん

※上位9名が本戦に出場です。

f:id:dekunobuu:20180801112556j:plain

準決勝前に雨が降ってきたので、ドローンにテープを巻き雨対策。

雨対策はサランラップを巻く方法がメジャーですが、不器用だからかなのかサランラップだとペラに接触してしまいそうな巻き方しか出来なかったため、アセテートテープで対応しました。

f:id:dekunobuu:20180801171038j:plain
加藤さんと山田くんとの準決勝。

準決勝は、如何に早く3周出来るかを競う1発勝負です。

途中まで山田くんと殆ど差のないギリギリのレースを繰り広げていましたが、後半山田くんがクラッシュし1位でゴール。

f:id:dekunobuu:20180801112842j:plain

皆さんご存知の通り、dknbFPVもかなりクラッシュの多いパイロットです。

しかし、最後まで何が起こるか分からないレースでは、完走しなければ意味がないことを最近ようやく理解し、「どんなレースでも常に7割の力で飛ばす」と決心してくれました。

全力で飛ばしてクラッシュ&DNFするより、順位やタイムは思うように伸びずとも7割で飛ばして完走する道を選んだのです。

f:id:dekunobuu:20180801114533j:plain

もちろん10割ではなく7割の力でもレースで戦えるよう、自分の苦手な部分をしっかり把握し、それを克服するために練習を重ね、技術面での大幅なレベルUpが必要不可欠です。

”日々退化”のアラフォーパイロット且つ本業の仕事もこなしていかなければならないdknbFPVにとっては、予想以上に過酷なことだと思いますが、今シーズンはプロフェッショナルドローンレースチームのキャプテンとして活動していくと決めたのですから、それくらいやらなければダメなんだと思っています。

f:id:dekunobuu:20180801120040j:plain

少し話がそれましたが、岡さんと音田さんとの決勝はナイトレースになりました。

事前にもらっていたスケジュールによると19:23に決勝スタートだったこともあり、時期的にそこまで暗くはないだろうと、dknbFPVだけでなく岡さんも音田さんも予想していたのだと思いますが、

f:id:dekunobuu:20180801120123j:plain

夕方から小雨が降るなど天気が悪くなっただけでなく、スケジュールが押してスタート時間が遅れたこともあり、決勝が始まる前に辺りは一面真っ暗に!!

昼間とは明らかに違う状況下で飛ばすことになると判断した決勝進出パイロット3名は、すぐさま自主的にカメラのチェックを開始。

すると、準決勝まで飛ばしていた機体のカメラでは飛行が不可能な状況だということが判明。

決勝までの短い時間で機体の調整を余儀なくされました。

f:id:dekunobuu:20180801120050j:plain

しかしながら、3名とも夜用対策のパーツを持参していなかったこともあり、LEDで装飾されていないフラグは殆ど見えなかったと言っていました。

また、ゲートを照らしている白いライトが明るすぎて反射するため、ゲート通過もかなり困難だったようです。

f:id:dekunobuu:20180801163527j:plain

*決勝*

1Heat 1位 音田選手(50ポイント)、DNF 岡選手(0ポイント)、DNF 後藤選手(0ポイント)

(dknbFPVは1周目でスタートゲートに激突しDFN、岡さんは3周したもののフラグを通過してなかったことが判明しDNF)

2Heat 1位 後藤選手(50ポイント)、DNF 音田選手(0ポイント)、DNF 岡選手(0ポイント)

(音田さん、岡さん共にクラッシュしDNF)

3Heat 1位 音田選手(50ポイント)、2位 後藤選手(30ポイント)、DNF 岡選手(0ポイント)

f:id:dekunobuu:20180801200723j:plain

優勝 音田さん

2位 後藤(dknbFPV)

3位 岡さん

音田さん、優勝おめでとうございます!!

f:id:dekunobuu:20180801163557j:plainJDRAのレースで表彰台にあがれたのは、ドローンを初めて約2ヶ月で参加した2016年12月開催の”JDRA 全国ドローンレース選手権 関東大会”で優勝して以来。

映像トラブルで練習1回目は一周もできずリタイア、予選3回目では機体接触によりおNewの機体を損傷、決勝の1Heatではスタート直後にゲートに突っ込み機体を損傷と、今までだったらこれらのトラブル続出にメンタルがやられ、決勝まで来られなかったハズなので、優勝はできませんでしたがよく頑張ったと思います。

f:id:dekunobuu:20180801115659j:plain

ちなみに、今回同じRaiden Racingの匠くんと和馬くんが、思うような結果を残せなかった理由は、私が想像するだけでもいくつもあります。

まず、今シーズンはDCLやX-FLYの海外レースに多く出場し、日本に居る時間すら少なく、日本に居るときも海外レースを想定した練習や機体調整をしているため、5インチの練習が全く出来ていません。

(同じドローンレースとはいえ、DCLの機体は大きく非常に重いですし、X-FLY専用機体も5インチとは扱いが異なります。)

f:id:dekunobuu:20180801115737j:plain

次に、Raiden Racing絡みで、自分たちがベストだと思う機体を今回のレースまでに作ることができず、不本意な機体で出場しなければなりませんでした。

f:id:dekunobuu:20180801115725j:plain

5インチの練習ができずハンデを抱えた機体で出場したことに加え、匠くんは準決勝で高梨くんに後ろから追突され、ぶつけた高梨くんは無傷でその後も飛行を続けられたのに、ぶつけられた匠くんはクラッシュしてDNFしまうという不運も重なりました。

f:id:dekunobuu:20180801120406j:plain

優勝できなかったdknbFPVも相当悔しがっていましたが、それ以上に匠くんと和馬くんは悔しかったと思います。

今月末に猪苗代で開催されるIDRAでは3人で表彰台にあがって、世界で戦っているRaiden Racingの強さを国内のパイロットに見せつけて欲しいです。

 

 

www.jdra.or.jp

 

 

 

JAPAN DRONE RACING GT チュプチニカ杯 in 北海道

dknbFPVが、北海道で開催されるレースに出場するのは今回が初めてなので、

f:id:dekunobuu:20180728092703j:image

今までお会いしたことのない方々との新しい出会いがあるかな~と期待していたのですが、なんとなんと出場パイロット15名中11名が知っている顔でした笑

f:id:dekunobuu:20180728092732j:image

日本のトップパイロットが大集結しているので、かなりハイレベルなドローンレースになりそうな予感がします^^

www.youtube.com

 13時からYouTubeライブ配信されるそうです。