ドローンLife

ドローンにあまり興味のない嫁のブログです。

Drone Impact Challenge 2017 YOKOHAMA *2017.8.24*

 

先週の24日(木)に横浜赤レンガ倉庫で開催されたドローンレース”ドローン インパクト チャレンジ2017 横浜”に参加してきました。

f:id:dekunobuu:20170830213756j:plain

選手受付が7時からということで、6:45頃には会場に着いたのですが、

f:id:dekunobuu:20170830213917j:plain

この時点でまだコース設営が完了しておらず、ちょっと不安がよぎります。

f:id:dekunobuu:20170830214044j:plain

DIC主催のレースに参加するのは今回が初めてですが、DICの運営についてはいろいろな方からいろいろなことを聞いていましたので。。。

f:id:dekunobuu:20170830214150j:plain

ちなみに、運営の席にはタープが準備されていたものの、パイロット席や選手のピットエリア用のタープは用意されておらずビックリ!!

(途中からピットエリアの一部にタープが用意されましたが、出場者全員がタープの下にいられる訳ではありませんでした。)

f:id:dekunobuu:20170830214700j:plain

朝方はまだ曇っていたのでなんとか我慢できましたが、昼前には太陽が照りつける夏日になったため、タープの下に席を取れなかった出場者はかなりきつかったと思います。

f:id:dekunobuu:20170830214837j:plain

受付が始まったのが、予定より1時間以上遅れの8時過ぎ。

もちろん、テストフライトなんてできませんでしたし、7時から8時過ぎまでなんのアナウンスもなく完全放置状態でした。

f:id:dekunobuu:20170830220126j:plain

しかも、受付でさらに驚くべきことが起こりました。

普通ですと出場選手の名前が記載された名簿が用意されていて、受付で自分の名前を告げると名前にチェックが入り確認終了となると思うのですが、今回は何も書かれていない紙に出場者自身が自分の名前を書くという、珍しいことが発生。

f:id:dekunobuu:20170830215004j:plain

そして、タイム計測に必須のトランスポンダが全員分ないということが告げられます。

出場者45名に対して用意されたトランスポンダはたった6個!!!

f:id:dekunobuu:20170830220524j:plain

スポンサーをこれだけ集めておいて、出店ブースを出すのに5万円も取っておきながら、トランスポンダを全員分用意できないなんて。。。

f:id:dekunobuu:20170830220511j:plain

過去に参加してきたレースでは、各選手に1個ずつ貸与されるのは当たり前で、貸与されたトランスポンダの調子の悪い場合は、別のトランスポンダにチェンジしてもらうこともできたのですが。

f:id:dekunobuu:20170830220942j:plain

ブリーフィングが始まったのは、確か9時前。

この時点でかなり押していました。

f:id:dekunobuu:20170830221117j:plain

ちなみに、今回は開催場所が横浜の赤レンガと都内近郊だったこともあり、主人が属しているチームのメンバーも何人か参加。

f:id:dekunobuu:20170830221444j:plain

ピットエリアで仲良く談笑して下さったり、レース中のフォローをして下さったりと、チームの皆さんがたくさんサポートして下さったのが、スっゴく嬉しかったです。

チームという存在の大きさを改めて実感しました。

f:id:dekunobuu:20170830222200j:plain

レースに話を戻しますと、案の定スケジュールが遅れに遅れ、マスタークラスの7組目の予選1が始まるのが14:20分からというアナウンスが13:30過ぎにあったため、

f:id:dekunobuu:20170830222315j:plain

6:45から13:30までドローンを一度も飛ばすことなく、ランチを食べに赤レンガのフードコートへ。

暑さに非常に弱く集中力もない主人は、この時点でかなりヤル気をなくしていました。

f:id:dekunobuu:20170830222805j:plain

運良くタープの下に席を陣取れた私達ですが、あの暑さの中では座っているだけで体力をかなり奪われます。

Amazonで購入した¥2,000~3,000の卓上扇風機がなかったら、確実に熱中症になっていました。

f:id:dekunobuu:20170830222844j:plain

美味しいご飯とアルコールにしか興味のない私ですら、あまりの暑さに食欲を無くし、ランチのオムライスを殆ど食べられずにいましたので。

亨さんが差し入れしてくださった冷凍アクエリアス、上野さんが差し入れしてくださったクーリッシュ、佐瀬さんが差し入れしてくださったウィルキンソンにメチャクチャ救われました。

皆さん、本当に有難うございました。

f:id:dekunobuu:20170830223109j:plain

今回持ち込んだ機体は2機。

超不得意なコースだと分かっていましたし、クラッシュして壊すのは確実だと思っていたため、JDLやJDRAの予選で使っている本番機は持ち込まず、フレームが欠けているようなボロボロの練習機しか持ってきませんでした。

f:id:dekunobuu:20170830223427j:plain

予選1のタイムがそこそこ良かったらしく、なんとか3位で準決勝には進めたものの、予選2ではデスロールし一周すらできずに終了。

f:id:dekunobuu:20170830223551j:plain

4.062のタイムで1位通過した岡さんとは1秒近い差がありました。

f:id:dekunobuu:20170830223830j:plain

準決勝は、同じベクターの横田さんと海外招待選手のジョニーFPVとの対戦。

2周目まではいい感じで1位を走っていた主人ですが、ラスト1周というところでスタートゲートの先のゲートに激突しリタイア。

本当に勝てませんね。。。

f:id:dekunobuu:20170830223902j:plain

決勝は、海外招待選手のニコラス、岡さん、ジョニーFPV、横田さん。

スタート直後にジョニーFPVがクラッシュし、岡さん、ニコラス、横田さんの順でゴール。

f:id:dekunobuu:20170830224608j:plain

岡さんは純粋にメチャクチャ速いだけでなく、会場が盛り上がるようなパフォーマンスもしっかりみせてくださるので、まさに日本のスター選手だと思います。

f:id:dekunobuu:20170830224915j:plain

そして、3位になった横田さんの勝利インタビューには感動しました。

同じベクター使いの主人は、自爆リタイアという不甲斐ない結果で終わってしまいましたが、横田さんがキッチリ3位に入って下さり、ベクターへの愛をたくさん語ってくれました。

いつかベクター・ジャパンとして、2人で表彰台に並んで欲しいです。

いっぱいいっぱい応援しています!!

f:id:dekunobuu:20170830224905j:plain

7時前から19時過ぎまで、12時間近くかかった”ドローン インパクト チャレンジ2017 横浜”。

 

f:id:dekunobuu:20170831004527j:plain

恐ろしいほど予定通りにスケジュールが進んでいなかったので、予選2はやらないので予選1の結果を元に準決勝をするのではないかと心配しましたが、撤収時間を押してまで最後までスケジュール通りに開催して下さった運営の皆様、暑い中本当にお疲れ様でした。

そして、どうもありがとうございました。

 

ベクターのフレームを中心に取り扱っている当ショップ”dknbFPV”で、

Cobra Motor(CPシリーズの金コブラ)の販売を開始いたしました。

www.dknbfpv.com